熱硬化性射出成形

熱硬化性樹脂の特徴

熱硬化性樹脂(プラスチック)は、原料を加熱・加圧することにより流動し、製品の形状となります。
これは、化学反応を起こして架橋構造になり硬化する化学的変化であるため、硬化したものは、再び加熱しても溶融せず、溶剤にも溶けません。
優れた耐熱・耐燃性と電気特性を持ち、金属代替品としても使われています。

 

射出成形

 

設備の紹介

最新鋭熱硬化性 電動射出成形機

▲最新鋭熱硬化性 電動射出成形機

 

自動エアブロー1

▲自動エアブロー1

 

自動エアブロー2

▲自動エアブロー2

 

熱硬化性射出成形設備一覧

睦特殊金属工業株式会社が保有している主要製作機械をご紹介します。

◆秋田工場

2014年4月1日現在
能 力 型 式 メーカー 台数
75t 硬化性 HF75S-32KS2 松田製作所 1台
100t 硬化性 EC100NIIR 東芝機械 1台
硬化性 100F-45K 松田製作所 1台
硬化性 HF100S-45KS2 松田製作所 1台
硬化性 EC100SXR-3A 東芝機械 1台
130t 硬化性 IR-130FII 東芝機械 1台