熱可塑性射出成形

射出成形とは?

射出成形(Injection Molding)とは、加熱溶融させた材料を金型内に射出注入し、冷却・固化させる事によって、成形品を得る方法です。
各種食品容器 VTR・PC・携帯関連などの電化製品の部品や自動車部品などの工業部品までその応用範囲は広く、あらゆる分野に使用されています。

 

射出成形

 

製造工程

射出成形は、高熱のシリンダーによって溶かされたプラスチックの原料を金型に流し込み、一定時間冷却することでプラスチックが固められ成形品が出来上がります、これを繰り返すことで同じ製品を効率よく、大量に生産することができます。

  1.  成形機のホッパーにプラスチックの材料を投入します。この時、材料は粒の状態になっています。
  2.  プラスチックの原料は、ヒータによって加熱されたシリンダーの中を通る事によってドロドロに溶かされていきます。
  1.  溶かされたプラスチックをスクリューによって強い圧力がかけられて先端のノズルより金型に射出されます。
    溶かされたプラスチックはその間の製品の形をしたくぼみに流し込まれ、圧力が加えられます。
  2.   プラスチックが固まるまで金型に入ったままで冷却されます。固まった後に金型が開けられ成形品が取り出されます。
    取出し完了後再び金型が閉められ、②から④の作業が繰り返されます。
射出成形設備一覧

睦特殊金属工業株式会社 樹脂事業部が保有している主要製作機械をご紹介します。

◆秋田工場

2014年4月1日現在
能 力 型 式 メーカー 台数
15t NND 15L (PL射出成形機) ニイガタマシンテクノ 1台
30t MD 30S-IV (高速仕様) ニイガタマシンテクノ 1台
35t ROBOSHOTα35A ファナック 1台
50t MD 50Xi 1.0 ニイガタマシンテクノ 2台
MD50S-IV 1台
NN50H/3000 1台
ROBOSHOTα50C/50t ファナック 2台
SE 50S 住友重機 1台
75t NN 75M1 ニイガタマシンテクノ 1台
100t MD100X i2.7 ニイガタマシンテクノ 2台
ROBOSHOTα-100C ファナック 1台
SH100A 住友重機 2台
SE100S 2台
MD100SII ニイガタマシンテクノ 2台
MD100S-IV 1台
SE100DU 住友重機 1台
170t IS-170FA3 東芝機械 1台
180t MD 180S-III ニイガタマシンテクノ 1台
220t IS-220GN-10 東芝機械 1台
280t MD 280Wi10 ニイガタマシンテクノ 1台
350t MD 350Wi15 ニイガタマシンテクノ 1台
IS-350E 東芝機械 1台
50t 竪型 MDV 50S-1V ニイガタマシンテクノ 1台
竪型 NVR 50-V 1台
竪型 CDN 50 V 1台
竪型 MDVR 50S-IV 1台
100t 竪型 MDVR100S-IV ニイガタマシンテクノ 1台
竪型 NVR100 1台
竪型 MDVR100Xi2.2 1台
竪型 JT100RAD JSW ㈱日本製鋼所 1台

◆福島工場

2014年4月1日現在
能 力 型 式 メーカー 台数
30t MD-30S-III ニイガタマシンテクノ 2台
50t ROBOSHOTα50C ファナック 2台
MD50XBi1.0 ニイガタマシンテクノ 1台
ROBOSHOTα50iA ファナック 1台
75t MD75S-III ニイガタマシンテクノ 1台
NH75 Hiper shot 3000 ニイガタマシンテクノ 1台
100t ROBOSHOTα-100C ファナック 1台
ROBOSHOTα-100iA 1台
ROBOSHOT S2000i 100A 1台
ROBOSHOT S2000i 100B 1台
SH100C 住友重機 1台
NN100MI 4000 ニイガタマシンテクノ 1台
280t MD 280W ニイガタマシンテクノ 1台